2007年07月12日

日本の催眠療法

日本の催眠療法の現状

米国の催眠療法は病院でドクターとチームを汲んだ医療として取り扱われ保険も適用されるが、日本の場合は現在ヒプノセラピスト(米国催眠療法協会の認定催眠士)で医師の資格がないセラピストは病院に通う患者への催眠療法は行っていない。

医師の中には催眠療法を取り入れた精神科医もいるが、一般的にはまだ日本の医学会で認知されない限り普及されないのが現状だ。
テレビなどで時たま取り上げられるが「前世が何だったか」と言ったタレントの興味本位のショー的番組が多く、精神的な病に苦しむ患者への広報的な番組になれば多くの人々を救うかもしれない。

鬱病も精神科へ行く前なら催眠療法での回復も期待できる。
心理カウセリングもあるが催眠療法の方が実践的にも即効性的にも良いと思うが、重い病であれば医師の資格を持つサラピストをお奨めします。
また、金儲けのための似たような催眠療法もあるので、どんな催眠療法で認定証を得ているか、料金はどの位かも確かめることが大切です。米国催眠療法協会認定であれば、初回の料金は高額ではない。
HPもあるので参考にするのが良いでしょう。


posted by 光ロード at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。