2007年07月21日

ダビンチコードの真実 1

音階について

音階のドレミのドの音は人の意識を活性化させ、
人の周波数を癒す音です。
音階が出来た当時に勢力を支配していた階級の人々が、
音階のアルファベッドのAでなくCを表記するように仕向けました。
ドの音の周波数は582で、それぞれを足すと15になり、
1と5を足すと6になります。

 5+8+2=15 1+5=6

6は神秘数の神を意味していて、人間の本来の能力を刺激する音です。
C,D、Eのコードを循環させるメロディーは音律で
人の意識を癒す働きがあります。
ところがこの音階(純正音律)を破壊して
十二音技法的無調のリズムを
オカルト集団の悪魔崇拝の
神祭祀音楽を元に現代音楽にアレンジしたのが
一番最初に作曲されたビートルズの音楽でした。
ロックから最近のラップの音律の基礎となっています。

全てのロックのリズムが人の周波数を乱す訳とは思えませんが、
人の周波数が乱れて病気を誘発させたり、
気分がハイテンションになることで、
若者の意識を自然と荒廃させファッションの
流行や若者文化の秩序の乱れから
麻薬などに傾倒させやすい環境にさせる要素が多分に含まれています。
食事中に早いテンポの音楽が流れると食事が早くなることなど経験したこともあると思います。
最近では癒しの音楽CDなど沢山出回っているので、どの音楽を好んで聴いているかによりますが、
本来の周波数が違う周波数に変更され、
それが心地良いリズムならばひとつの洗脳かもしれません。







posted by 光ロード at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新説 インテリジェント・デザイン論

新説の進化論

新説の進化論、インテリジェント・デザイン論とはダーウィンの進化論
と異なる人間生命の進化論です。

今までの進化論は、突然変異(偶然)・自然淘汰(必然)がランダムに起こり
環境に有利なものだけが次世代に受け継がれる必然です。
インテリジェント・デザイン論では、
ある自然現象を前にして、
偶然かそれともデザイン(予めプログラム)されたものかという前提で探る進化論です。

生物学者マイケル・ビーヒーは「還元不能の複雑性」と言う言葉で
それを説明しています。
例えば「ネズミ捕り器」は様々な部品、土台、バネ、ハンマーなど必要な部品があって完成しますが、
どの部品が足りなくても完成できないのです。
今までの進化論では突然変異で生命が進化するとは考え難く、
確立から有り得ない偶然があり
「ある意図を持って予めプログラムされて進化しているのではないか。」と言う研究が有力視されて来ています。

発掘された化石からも理論とつじつまが合わない分析結果もあり、
進化の過程から年代順に生命環境に馴染む体系になっていないこともあり、化石は年代ごとにまだ発掘されていません。

予めプログラムされたのであれば
「誰がプログラムしたか」謎があり
進化論はまだ謎だらけです。
posted by 光ロード at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。