2007年12月19日

素粒子の世界

素粒子から成り立つ物質

地球に存在する物質は素粒子から出来ていることは、周知の事実です。
来年、リサ・ランドール素粒子物理学博士の理論を
実験する試みが行われます。
博士の理論、加速器にかけた素粒子の存在が、
数の上で加速器にかける前と数が合わないことを
理論から実際の実験で証明しようとする試みです。
所在が不明となった素粒子がどこに消えたのか
三次元を超える実験となります。

顕微鏡でも見えない最小な素粒子では、
霊微粒子が存在すると言われています。
細胞や素粒子にも意識があり、
意識がないのは伝達系統の電気などです。
霊脳者の発する共振(気や波動)なども、
霊微粒子の存在が関係しているかもしれません。

家庭で便利に利用している
電子レンジも素粒子の振動から発生するエネルギー(熱)を
利用しています。
第二次世界大戦の頃から素粒子のエネルギーは、
原子力など良くも悪くも利用されていますが、
素粒子が振動するのは、私たちの住む三次元ではなぞでした。

科学的に作られた電子レンジと霊能者のエネルギーも、
元は同じだったことがわかる日も、
そう遠いことではないのかもしれません。
posted by 光ロード at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

音楽と文化

音階による洗脳

モーツァルトの曲など癒しの音楽もあれば、
その逆に人間の感情に悪影響を及ぼす旋律もある。
ビートルズの最初の曲は、
悪魔儀式などで使用する旋律を現代風にアレンジして、
ビートルズに与えたと言われています。
音楽は、生活のリズムに影響しレストランでは
クラッシクのゆったりした音楽が流れています。
食事中に早いテンポの音楽が流れれば食事は早くなり
消化にも影響するでしょう。
実験の結果でもロックの激しく早いリズムが流れると
食事時間は早くなります。

ビートルズの音楽は、やがて長髪やファッションと言う
若者文化を発生させ大人達に好まざる習慣と流行を生みました。
それはドラックや麻薬と言うものを買わせ利益を
得るしくみとなったのです。

ロックや最近ではラップといったリズムは、
全てではありませんが、
人間の脳の周波数の乱れを生じさせる音階となります。

ビートルズ以前の文化では、麻薬など一部の人間達が
使用しているだけで一般にはあまり普及できない環境でしたが、
若者達が使用するようになって利益は伸びたのです。

ビートルズのメンバーは、
そのことを知らなかったことだとは思います。
ジョン・レノンは「イマジン」を作曲し、
都合が悪くなったので暗殺されたようです。
ロックが全て悪い旋律だとは限りません。
中には「癒しの音楽」も存在しています。

若者に受け入れられる音楽は、
シンガーのファッションが流行と文化を生みます。
一時、シンガーの安室のファッションで
「アムラー」が若い女の子で流行しました。
それを利用する企業と裏のビジネスで
利益を上げる組織が存在しています。
利益だけでなく音楽により知らぬ間に若者を
洗脳して大衆を操作する意図が隠されているのです。

「癒しの音楽」と「人を洗脳」する音楽があることは、
心に留め音楽を楽しみたいと思います。

posted by 光ロード at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

遺伝子組み換えについて

遺伝子組み換えとは

食品の遺伝子組み換えは
、国内ではほとんど知られないうちに海外で、
例えばカナダの菜の花(日本にも菜種油など原料として輸入)は
70%が既に遺伝子組み換えとなり、
遺伝子組み換えの広がりは大きいのです。

遺伝子組み換え作物とは、
害虫駆除の農薬を散布せずに育てるためなど、
一見すると利便性がありそうですが、
農薬を散布しても枯れず、作物を食べた虫が死ぬと言われ、
その作物を食べる人間に影響が危惧される食品となります。
植物のDNAにほかの遺伝子が入ると
全体のDNAに突然変異を起こし
本来の食物のDNAが削除される可能性が大きいのです。

昔の人々より、現代人、特に子供たちに
アレルギーを持つ人が増えています。
もし遺伝子組み換え食品を食べ続けるようになると
アレルギー源を増幅する可能性があります。
実験動物の結果では、

子供の異常率が5倍になる実験データーも報告されています。

国際食品規格(コーデックス)は、
貿易の際に基準となる規格ですが、
この規格に遺伝子組み換えの表示を省く検討がされています。
米国はお米の遺伝子組み換えを認可しました。
また、有機農法に利用する土壌の微生物に
遺伝子組み換え微生物が含まれる可能性もあります。

最近、日本の港で輸入作物からこぼれた遺伝子組み換えの植物が、
港に自然に生える菜の花の一部より発見されています。
もし、この花が蜂により他の畑に受粉すれば、
知らず知らずのうちに遺伝子組み換え植物が育ちます。
一度広がれば、収集が不可能だと言われる遺伝子組み換え植物です。

米国企業は農作物の種子に特許を取得しています。
もし、遺伝子組み換えの種子が売買するようになると、
この地球から自然の植物が絶滅する可能性は否定できず、
人間の存亡も危うくなることにも繋がりかねない問題となるのです。

この世界を支配するには、
ひとつに「エネルギーの利権を持つ者」と言います。
既に石油の利権をめぐって
戦争は絶え間なく続いていますが、
環境問題からクリーンエネルギーに移行する動きがあり、
次なる人間の命を担う食料の確保を狙い、
農作物を支配するため遺伝子組み換えにすることで
特許を得取しやすくしたとも考えられるのです。

日本人は「平和ボケ」していると言われますが、
食品の偽造と添加物に遺伝子組み換えの食品により、
肉体が蝕られる攻撃を受けて戦争がなくても
安心とは言い難いのです。

とりあえず、今できるのは不規則な生活から
規則正しい食生活で「快食快便」により、
体内に余分な毒素を排出することが最低元必要なのかもしれません。
posted by 光ロード at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

大地震の発生

大地震発生を予測する月

大きな地震は、満月と新月の前後2日で起きる可能性があります。
例えば満月が5日なら
 3日・4日・満月の5日・6日・7日
 3日 4日 6日 7日の4日間が地震発生の確立が高くなる日です。

10月の満月は極めて危険な状況でしたが、
台風のため大きな地震は避けられたようです。
11月もFM周波数が乱れたり各地で地震雲に似た
目撃が報告されていました。
幸い日本国内では大きな地震はありませんでしたが、
スマトラや海底地震は発生しています。
日本の地震も発生が遅れれば遅れるほど
巨大地震になると言われています。

地震には様々な事が言われています。
人口的に起こす台風は以前紹介しましたが、
地震も人工的に起こすと言うのも、
そのひとつでしょう。

ニコラ・テスラは地震を人口的に起こす実験をして、
その威力が思いもよらない巨大なエネルギーを発生したため、
その実験中に機械を自ら壊したと言います。
(8月26日「ニコラ・テスラの発明」参照)

ニコラ・テスラの死後(ニューヨークのホテルで謎の死を遂げている)
その研究論文は行方不明となり、
米ソの冷戦で兵器として研究された可能性は否定できません。
実験から約60年以上経過しているため、
もし、その研究が進んでいるのなら、
かなり高度なテクノロジーとなっていることでしょう。

異常気象や地球の温暖化など
人間にとっては恐怖となる災害ですが、
人間は恐怖に打ち勝つ「自分は何があっても生き抜く」と
意識するだけでもエネルギーとなるのです。
「病は気から」と同様に人の精神力とは、
科学では計り知れないエネルギーを時に応じて
発揮させることができると信じることも必要なのです。

来年は様々な信じがたい出来事が起こると考えらています。
何が起ころうと意識は自分のインスピレーションが大切です。
外部からの情報も見極めを自分の判断で行うことです。
大きな出来事には、デマ、偽情報など付き物です。

今年も最後の月となりましたが、
自分のインスピレーション(直感)
を意識するように、最後の月をお過ごしください。
posted by 光ロード at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。