2010年07月24日

宇宙の智慧

最新記事

知徳

辞書では、

知と徳・・・知恵と徳行
真理を正しく知るはたらき


と解説しています。

感性 
人の優しさを感じる心
物の美しさを感じる心
神秘の美しさを感じる心

知性
人間の構造を知る
生命の構造を知る
宇宙の構造を知る

品格
感性と知性が備わると
自己顕示欲・独善性・自己中心性
自分だけ良ければが無くなり
謙虚になります。

感性・知性・品格は
知識・理論で知力です。

これから移行する社会には
それに加わる知徳があります。

知徳とは
知力とは違う智慧です。
心の力・見えざる力です。

知徳は知るから智慧となり
悟る宇宙の法則です。

他力本願では知徳を得られません。
何度やっても駄目なら素直になることです。

試される理由は自分を信じないからです。

信頼することは、自信・形成・
母なる地球とのスキンシップの快感から
自分の意志の目覚めと創造する力(神の力)
自己の気づきと生かされる喜びに
見えない力(守護霊?)を感じることが出来ます。

ものごとを真中で見ることで、
知徳が備わる意識が芽生え、
人が宇宙の光になることに
繋がります。

物質社会から霊的実存性社会に
生き残るための知徳です。

人類の意識がひとつになる時、
それに相応しい創造社会の地球は訪れるのです。

それが速いか遅いかは知徳を持ち
霊性になる人々の意識次第です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









2010年07月19日

核爆弾の核実験・兵器利用

最新記事

1945年〜1998年2053核爆弾の爆発

8月の6日と9日は、広島と長崎に
原爆が投下された「原爆記念日」です。
記念としたくない気持ちではありますが、
広島と長崎に原爆が投下された
間違いのない事実です。

1945年7月16日人類初の核実験は
米国のニューメキシコ州・アラモゴード砂漠
ホワイトサンズ射爆場の核実験に於いて
マンハッタン計画のコードネーム
ガジェット(トリニティ)として行われました。
ビデオ
http://www.davidicke.com/headlines/36200-2053-nuclear-explosions-conducted-1945-1998

その後、人類史上初の広島に原爆が
核兵器に利用され多くの犠牲者が出ます。

原爆から水爆による
核開発は各国がはじめ世界中で
核実験が行われています。

1945年から1998年までに2053発の
核爆発による実験もしくは兵器利用?がありました。


地球でこれだけ核爆発が行われているのを
実際に映像化されると核廃絶を
進めてはいるものの
未だに実験は繰り返し続いていますが、
早い撲滅が必要だと考えさせられる
ビデオ表現です。

少し明るい話題で18日に
「彩雲」7色の彩色もつ珍しい雲が発生しています。
横浜市の港北区の渡瀬草一郎氏撮影
読売新聞社
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100718-OYT1T00541.htm?from=main4

夏の水の事故や豪雨の被害者の方々には
心よりお見舞いを申し上げます。

暑さが続いていますが、夏バテに気をつけて
お過ごし下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









2010年07月18日

ネットの情報

最新記事

知っていましたか?

インターネットは、多くの情報が
いち早く世界中をかけめぐります。

「メモ・独り言・戯言」と言うブログがあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/jennifer1215b/31721866.html

今まで情報は、新聞・テレビ等の企業が
発信していました。

ネットが普及してから、個人が自由に
情報を得て発信が出来ます。
上記のブログ記事では、
それをシャットダウンしたことが
紹介されています。

既に規制する動きや
個人の閲覧を管理し、
個人情報も得られています。

国により法律あるいは規制も
あります。

日本もサイトの内容で逮捕者も出ていますが、
情報を発信する側もそれを閲覧する側も
当たり前のことですが
個人の判断が大切です。

下半期も、様々な情報が発信されます。
中には重大な情報も含まれますが、
受容意識でなく能動意識で
自分の閃きと判断で
捉える事が必要になります。

今後の動向を注意深い意識で
乗り越えて行きましょう。

「空と海の輝きに向けて」
        荒井由美

月のまなざしが まだ残る空に
やさしい潮風が 門出を告げる
この人生の 青い海原に
おまえはただひとり 帆をあげる
遠い波の彼方に 金色の光がある
永遠の輝きに 命のかじをとろう
果てない旅路に やすらぎを求めて
いつしか かの胸に いかりをおろす
呼び合う世界で 空と海が出会う
おまえは歌になり 流れていく
遠い波の彼方に 金色の光がある
永遠の輝きに 命のかじをとろう
遠い波の彼方に 金色の光がある
永遠の輝きに 命のかじをとろう





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









2010年07月11日

意識の持つ力(想念エネルギー)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最新記事

助け合う意識と負を回避する想念パワー

日本には、第二次世界大戦の頃
「隣組」の制度がありました。
町内会の住人がお互いに助け合いながら、
暮らしていました。
戦後高度経済成長国になり
都会ではお隣が誰だか知らない状況も
続きましたが、最近では隣組ではなくても
近所との交流が見直されています。

今年の豪雨でも被害が出ました。
自分の家や住まいの近辺に被害が及べば
一人で何をするにも限界があります。
阪神淡路大震災の時や、
最近の災害時にも近所の被災者が
助け合いを行っています。

地球は浄化活動に入り、
人類の助け合いの心が世界中に芽生え
広がりはじめています。
これも進化の過程に必要な出来事です。

20世紀と比べて意識の違いが
明らかに変化し、物質社会から
霊的実存性社会に移行する準備期間の
最中にいます。
今後も意識は変容し、霊性社会に相応しい
時代が数年から数十年の後に訪れますが、
その前にクリアすべき事象が待ち受けています。

今年も残り半年を過ぎましたが、
これからが本番です。
東欧生まれで1997年頃から日本で活動する
スピチャリストのペトル・ホボット氏は
今年の11月以降に第三次世界大戦が始まると
予言を受け取っているそうです。
他にも同じメッセージを受け取る方もいますが、
それを回避するには、地球で暮らす人々の「瞑想」が
大切だと説いています。

科学面では、意識の持つパワーについて、
ニュートリノはヒトの想念エネルギーと
話題になっています。

人の思考における集団的なパワーの源は
一人ひとりの微細な量子(クワトン)の粒子で
現実を変えるパワーがあり、
様々な難局を回避するため
何百万もの人々が今までと違う
意識の波動を引き起こせば
地球全体に変化を起こすパワーがあると
同じ想念エネルギーの考えを持つ
ペトル・ホボット氏のHPで紹介されていて、
回避計画の参加を出来る限り多くの人々に
知らせることが求められています。
http://www.petr-chobot.com/drupal/

メキシコ湾の原油流出事故も
「対岸の火事」ではなくて、
地球規模で対策が必要となっています。
「核爆発」の利用も検討されていますが、
危険な行為だと危ぶむ学者もいます。
また、人工的に巨大地震を起こし流出を防ぐ
懸念もあります。
この事故もあるべきして起こった気配が
あり、事故を多方面で見直してみると
気づきと直感でわかるでしょう。

これから益々人々の正の想念意識が
重要な役割を担うことになります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









2010年07月04日

進化と食生活

最新記事

放射能の危険性

1940年代後半アメリカのSF誌
「アメージング・ストーリーズ」の編集長だった
レイ・パーマー氏はある男から手紙を受け取っています。

その男は、シェーバーの洞窟(地底人の洞窟)を発見し、
インカ人の子孫であったので、
秘密を誓わされて、地底人の都市を案内されたと
手紙には書かれていたそうです。

彼の手紙には、地底都市に入る前に
放射能の危険性についての記述があり、
現在の大気中に放射能を帯びた金属の塵があって
その物質が毛穴を詰まらせ、呼吸と排泄が妨げられて
病気や早死にを招いているため、
地下都市に入るには、相応しい身体になるための
カプセルに入ったとありました。

これが真実かどうか不明ですが、
地球外知的生命体が地球の監視を強化したのも、
人類が原子爆弾など核兵器に原子力を
利用をはじめた頃です。
地球(地底都市)や宇宙にとっても
核の問題はやはり大きいのでしょう。

日本人なら検査のためレントゲンは、
必ず経験していますが、被ばくしても
微量で人体にあまり影響はありませんが、
原子力発電所の事故から
放射能漏れが大きければ
雨に放射能が混じる危険性はあります。

中国の四川大震災の際にも、
真相は定かではありませんが
核施設に深刻な問題が出て、
中国大陸から来る風の影響で、
日本の雨に放射能が降り注ぐと言った
情報も流れました。
原子爆弾で被ばくした日本は
黒い雨が降ったことは知られていることです。
未だにその影響で苦しむ被ばくした人々が
存在していることは悲しい事実です。
核廃絶はアセンションでも絶対条件です。

放射能以外でも人体に影響する紫外線や
電磁波など原因不明のものも含めると、
現代社会は、少なからず影響を及ぼされています。
自分に影響がなくても子孫に発症する可能性もあり、
広島や長崎では、被爆者の子供が白血病を発症しています。

それでも、自らの身を守るのも
自己責任ではじめることも出来ます。
既にご存じの方も多いと思いますが、
敢えてご紹介します。

食生活を見直して、
穀類と菜食を主にして肉類は食べないか
或いは成人であれば、肉類は週に一度でも十分で、
タンパク質は肉以外で補えます。
出来れば四足動物の肉を控えて、
少しずつ止めていくのが以外と効果があって
身体が慣れれば調子が良くなることもあります。

それに腸を丈夫にすると尚更体調が改善されます。
断食が有効なのも理由のひとつです。
※(独自の断食は危険ですから絶対止めてくださいね)
身体の臓器を断食によっていったん休めるのです。
やってみるのなら指導者の下でお奨めしますが、
指導者も実績がある方で確かな方を選んでください。

断食をしなくても、自分で腸を丈夫にする方法もあります。
腸にある善玉菌(乳酸菌)を増やすのがオリゴ糖ですが、
腸内の善玉菌は常に排出されるため
補給が大切です。
発酵食品に含まれる善玉菌類を
毎日摂取するのが理想です。
胃酸で死なない乳酸菌が
腸まで届くことが必要です。
最近は、腸まで届くと謳う
乳酸菌も販売されていますが、
自分で調べて効果を試すことが
良いでしょう。
※ 乳製品も相応しくないものがありますから
アセンション的に考慮した発酵食品を
選択するのが理想です。
アセンション系ブログでも紹介していますから
自分にあった食品を選んでください。

その他にも、身体を出来る限り
自然な肉体に戻すことは重要要素の
ひとつです。

現在、大衆の集まるところで禁煙が
多くなりました。
肉を食べない日本食も見直されています。

以前の記事で紹介していますが、
毒素を体内から排出する甲殻類
(カニ・エビ・イナゴなど)は、
以前サプリメントでブームになった
キトサンを含んでいます。
てんぷらのエビの尾も
カラッと揚げられていれば食べた方が良いのです。
※ アレルギー体質の方は専門医と相談してください。

昔の人々は、イナゴなど甲殻類を食べていました。
(イナゴの佃煮はありますね。)
食物の身体に不必要な毒素を包み込みんで
体外に排出する作用があります。

宇宙に行くにも宇宙服が必要ですが、
もし地底都市があるならば、今の人間の体では
相応しくないと言えます。

地球外知的生物からのメッセージも
タバコ・コーヒー・肉など食べるなとあります。

浄化の年は、肉体改善で浄化の年でもあります。

進化に伴なうそれに相応しい身体に備えることも
進化の条件になるでしょう。

その身体になるのもあなた次第です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。