2010年12月26日

続・人の身体と元素

最新記事

UFOと夢

記事「パラレル宇宙」でUFOを目撃したと言いましたが、
先日夢の中で車の走行中にUFOを目撃しました。
UFOは円盤型で光を放ち輝いています。
その後UFOからメッセージのように空に花火が上がり、
なぜ花火?と思いながら
車の横から見る景色が海の向こうに島が見えて
島の山が噴火して岩石が飛び散るのですが、
こちらに危害はなく、何かのメッセージとして
夢から覚めています。
花火のメッセージは、これから見せる事に
恐さはないと言う感じがしました。
火山噴火は世界中で起きています。
日本でも、富士山をはじめ国内でも
いつ起こっても不思議でない状況ですが、
印象的な記憶に残る夢でした。

「自分自身の真ん中に、柱を立ててください。」
ブログ「シリウス文明がやって来る。」Kagariさんは言っています。


NASAは月の写真を公表していますが、
今までとは違う月の写真です。
月は人工物と以前記事にしています。
参考ブログ
http://beforeitsnews.com/story/317/206/NASA_Photos_Confirm_Moon_is_Artificial.html

xmx - コピー.jpg


また日本人の遺伝子YAP遺伝子の因子は
日本人しか持っていませんが、
この遺伝子がロズウェルから回収した
エイリアンの遺伝子の中にあったとされています。

※YAP遺伝子とは、Y染色体に存在する
 300の塩基配列で構成される遺伝子。

参考記事「月の話の続き」
http://bravehikari.seesaa.net/archives/200711-1.html

この時期に、いろいろな公表がされることは
少しずつではありますが、
何かの兆しを示唆しているのでしょう。

このブログも更新が遅くなっていますが、
更新がされなくても閲覧される方が多くいます。
このブログは、アセンションの入門編と言った
役割的なことをメッセージして来ました。
現在では、多くのブログが更に詳しく記事にしています。
入門編として、はじめの頃から記事を参考にして頂ければ
幸いです。

周りの状況に惑わされると物質社会に戻されて
マイナス的な意識になって閃きや直感がない状態に
されてしまいます。
感情は怒り・憎しみも生まれますが、
自分が試されていることに気づいてください。
その時に気づけば、直ぐに怒りは治まり
プラス意識になります。
私も何度も試されました。
今年も数日で年が明けますが、
来年は、更に様々なことが起こりますが、
閃きと直感が自分を救える道になります。

今年最後の記事です。
良い年をお迎えください。

「白い恋人たち」桑田佳祐




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング








2010年12月19日

人の身体と元素

最新記事

DNAとヒ素

先日のNASAでは、常識から外れた生命の構造で、
発見された米国で最も古い湖の
バクテリアの中にヒ素があり、
生命の定義が覆されたと言うものでした。

ヒ素の存在度は、地表ppmで1.5
宇宙ではSiの量を10 6(10の6乗)としたときの比で6.8
※ 10の6は右上に小さな6になりますがブログ設定不明なので
  ご了承ください。

古くから毒薬として使われていて、
「蒲松齢」(ほしょうれい)の「聊斎志異」(りょうさいしい)や
「水滸伝」の中にも登場しています。
日本では「四谷怪談」、ヨーロッパはフローベールの「薔薇の名前」、
ウンベルト・エーコの「ボヴァリー夫人」などに亜ヒ酸で登場し
戦前は、殺鼠剤として簡単に購入され、
少し前の和歌山毒カレー事件も亜ヒ酸でした。

ヨーロッパで発見された凍結ミイラ、アイスマンの
髪の毛からもヒ素が含まれていて、
鉱山関係の仕事に従事していたと言われています。
銅の中にヒ素が含まれているからです。

海産物にはヒジキ、カキ、クルマエビなどに無毒な形で含まれています。

西洋では、亜ヒ酸の水溶液がトファナ水と呼ばれ
貴族の化粧品として販売されているのですが、
夫の毒殺でも使用されたと言います。

現代では、ガリウムーヒ素、イチジウムーヒ素などの
半導体材料として携帯電話や発光ダイオードとして利用さています。

地球上の生物は、リン、炭素、水素、窒素、酸素、硫黄から
出来ていて、生命の大小含めて共通するものです。

発見されたバクテリアは、
リンではなくヒ素が用いられていことは
大きな出来事だったのでしょう。

元素記号P(リン)は、中国後漢の思想家、王充の著書「論衝」の
論死第六十二「人の兵死也、世其血爲燐」
(人の兵死するや、世、その血燐となるを言うや)
訳すと、人が戦死すると、その血が燐になると世間では言われている。
と書かれていますが、この燐は、人魂、火の玉、鬼火のことを
言っているようです。

お墓の火の玉は、昔から目撃されています。
私の父親も育ったお寺で、「よく見ていた。」と言っていました。
この現象は当時の火葬でなく、その間々埋葬された死体で
リンが原因と言う説が有力です。

リンは人体のいたるところにありますが、
食べ物に含まれるリンも多く、
タンパク質の肉類、乳製品、練り類(蒲鉾、ソーゼージなど)
普通は余分なリンは尿の中に含まれます。

尿で排出されないと、タンパク質(アミロイドーシス)
とリンの関係から一因となり
骨以外で石灰化が心臓や頭で進行すると死に至ります。
と言っても、普通の食生活なら心配はないです。

人の身体に必要なカリウムやリンなど、
身体にとっては大切な要素です。
身体の成分は、食べ物に含まれていますが、
摂りすぎや少なすぎても体調に異変が起きて、
最悪の場合は死亡します。

この要素で特にカリウムは低い値でも高い値でも
調整が出来ないと症状もほとんどなく死に至ります。
カリウムは血液から腎臓で尿になりますが、
尿毒症で身体の炎症時に細胞から血液に出て
高カリウムになれば尿が出ないので死亡することもあります。
腎臓病や糖尿病などの方は腎不全に悪化させないことです。
カリウムは果物や生野菜、刺身、豆類に多く含まれ
細胞に多く含み、身体の機能に欠かせない
要素のひとつです。

不必要に余分なものは尿や便で外に排出されていますが
過度な食べすぎは、この排出に関わる臓器を忙しく稼働させています。
食べ物は身体に必要ですが、毒にもなります。
この臓器の一部でも損なわれると思うような
食生活は出来なくなるのです。

忘年会のシーズンと正月を迎えますが、
欲望に負けないで、ご馳走をご堪能下さい。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング








2010年12月12日

パラレル宇宙

最新記事

パラレル次元

3次元の次元は、知覚出来る3次元+時間です。
現在標準とされる宇宙モデルの
「アインシュタイン―フリードマン―ルメールモデル」は、
宇宙を構成する時空は4次元としています。
アセンションへの移行では、5次元としていますが、
徳間書店「5次元世界への超扉」著者エハン・デラヴィ氏は
混乱を避け「多次元(マルチダイメンション)」と表現して
それに相当する発想は「パラレル宇宙」で
同等に「パラレル次元」と理解すると言っています。

アセンション後の次元が5次元なのか、
それは定かではありませんが、
期待するのならパラレル次元なのでしょう。

期待したNASAの発表も、DNAと生物の関係で
やはりと言うか、それ程のことはありませんでしたが、
横浜では、東海道新幹線の新横浜駅付近で
UFOの目撃がありました。

私も、新横浜付近を車で走行中に
空にUFOらしき物体を見ていました。
あまりにもハッキリと見えたので
UFOかどうかとは思いましたが
自分では、確信していました。
数日後に目撃ビデオを映した方もいて、
あれだけハッキリと現れていれば
私以外にも多数の目撃者がいて当然でしょう。

新横浜付近は、雲に覆われたUFO艦隊が
多く現れる付近で、それらしき雲は
今までも多く出ています。

また、富士山の方向にも同じ現象があり
日没近くに、時折太陽から放射される光線が
雲の隙間から様々な色彩を放っています。

まだ、ベイブリッジが完成して間もない頃も
ベイブリッジの今は閉館されたスカイラウンジから
富士山の方向にUFOらしき物体が現れて消えたことを
記憶しています。
夕暮れ時で、他のお客さんも目撃しています。
その場所は、海から横浜の港町が一望できて
空気が澄んだ日は、富士山も見え夜景も奇麗なところでしたが、
ベイブリッジの下をスカイラウンジまで歩き
冬は寒い風が吹いて、来訪者も少なくなり閉館となったそうです。

もうすぐクリスマスですが、
クリスマスのソングも様々です。
世界では、クリスマスであっても
戦争や飢餓で苦しむ人々がいます。

「遥かなるクリスマス」さだまさし


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人気ブログランキング








2010年12月01日

NASA地球外生命体の発表

最新記事

地球外生命体の証拠?


12月2日午後2時(現地時間)
NASAが宇宙生物学の記者会見の開催を予定しています。
ネット中継も行う予定です。

NASAブログ
http://www.nasa.gov/home/hqnews/2010/nov/HQ_M10-167_Astrobiology.html

出席者の予定は

メアリーVoytek、ディレクター、アストロバイオロジープログラム、
NASA本部、ワシントン フェリサウォルフ=シモン、
NASAの宇宙生物学の研究員、米国地質調査所、メンロパーク、カリフォルニア州
パメラコンラッド、宇宙生物学者、
NASAのゴダード宇宙飛行センター、グリーンベルト、
メリーランド州 スティーブンベナー、識別の仲間、応用分子進化、
ゲインズビル、フロリダ州のための財団
ジェームズエルザー、教授、アリゾナ州立大学、テンピ

地球外生命体の証拠と影響を与える議論を行います。

この時期に発表する真意は深い意味がありますが、
どこまで公表するかにより、
今後様々な動向に影響があるでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。