2011年06月16日

意識の焦点

最新記事

五感と意識

東日本大震災から今月の11日で3カ月が経ちました。
多くの犠牲者を出し、家族や友人達は
まだ遺体の見つからない方もいます。
突然の別れや悲しみは、
やりきれない思いが募るばかりですが、
自分の意志以外で、故人への別れはないのです。

愛する者との別れを告げられても
自分の意志が忘れない限り、
愛する気持ちは、失わないのです。

見える現実は五感を通して人間の自我が
生まれますが、
意識の焦点をどこに向けるかで
自我で生まれたマイナスをプラスに
転換することも出来ます。

震災と原発で生活にも多大に影響がありますが、
宇宙も異変続きで惑星直列現象と
太陽活動も活発なことからも
地球は大きな変容の中にいるのです。

意識の焦点をどこに持つか、
自我で生まれた負の想念を浄化して
真我の焦点に合わせる
それは最後の重要な焦点です。
その先に自分の選択した未来があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ

治療のためブログをお休みします。
再開は7月末位だと思いますが、
前後どちらになるかはリハビリ次第です。
宜しくお願い申しあげます。
posted by 光ロード at 10:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

災害と放射線

最新記事

災害について

地球の自然災害・地震・火山噴火など
起こる原因として考えられることは、
太陽活動の黒点が100を超え5日以上続く時や
現在、太陽に接近するエレニン彗星と
惑星の直列現象など、
地球に影響があると研究機関やその他でも
言われています。

ここ数日、太陽活動は黒点100を超えています。
宇宙天気予報(6月5日現在)では

概況・予報

活動領域1226、1228でBクラスの
小さな活動が発生しましたが、太陽活動は静穏でした。
今後とも太陽活動は静穏な状態が予想されます。
CME(コロナ質量放出)の影響により、
4日20時(UT)頃に衝撃波が到来し、地磁気活動は活発でした。
太陽風速度はやや低速な350km/s前後から
やや高速な450km/s付近へ上昇し、
4日20時44分(UT)に
SI(地磁気水平成分の急増)が発生しました。
現在、太陽風磁場強度は非常に強い
20nT前後で推移しています。
今後の地磁気活動はやや活発な状態が予想されます。

エレニン彗星は、他のブログなどで紹介されているので
ご承知のとおりで検索すると沢山ありますので
省きます。

11日は惑星直列と太陽活動が起きているため、
今月は、11日から満月16日前後が危険注意期間ですが、
現状では、いつ起こっても不思議ではないので
また、9月以降もエレニン彗星や惑星直列現象が
起こるので当分は、いつ、どこで災害が起きても
油断できない状況です。

原発の放射線については

ガンマ線・アルファ線・ベーター線があり、
外部被爆と内部被爆の違いは
下記のようになります。

ガンマ線 
遠くに飛び、身体に当たると貫通する。
20ミリシーベルトは外部被爆単位の線量
基本的にガンマ線量である。

アルファ線とベーター線
40マイクロメートルから1センチの
短い距離しか飛ばない。
体内に入ると狭い範囲で撒き散らし
臓器のDNAずたずたに切断する。
切断されたDNAの断片は周辺の断片と
適当にくっついてしまうため、
異常なDNAが出現する。
これがガン細胞の発生原因になる。

外部被爆は放射線が身体を貫通する時
DNAを切断するだけで、
内部被爆は、放射線物質が体内にあるため
幾度となくDNAが損傷する。
そのため内部被爆は危険である。

どちらも注意が必要です。

5月23日の参議院行政監視委員会では
放映されない参考人発言で
参議院行政監視委員会
http://www.youtube.com/watch?v=GASMdrWqUOY&feat
参考人の発言から驚くべき事実が明らかとなった。
以下が要約です。

小出裕章(核物理学者、京都大学実験原子炉助教)

自分はもともと原子力には希望を抱いていて研究者
となったが、実は原発には未来がないことがはっき
りした。原料となるウラン鉱石は希少資源で枯渇す
ることは間違いないし、プロトニユムを使用する高
速増殖炉の「もんじゅ」がまったく稼働していない
ので、使用済み核燃料の保管場所にも困る始末であ
る。原発の現実を直視して放棄するべきだ。

後藤正志(東芝の原子炉格納容器の設計者、芝浦工
大非常勤講師)

原子炉を停止するためには、核分裂反応を止める制
御棒を炉心に入れなければならない。だが、制御棒
がうまく入らず事故を起こしたケースが過去に十数
件もあった。そして、そのうち2件では、炉心が臨
界に達して核分裂反応が始まったのだ。だが、こう
した事故は20年間も隠されてきた。

石橋克彦(地震学、神戸大学名誉教授)

柏崎刈谷発電所には60キロくらいの海底活断層が
ある。しかし、原子力保安院と原子力安全委員会は
これを完全に無視した。そして、内陸部の小さな断
層だけを考慮し、原発の運転を許可している。自分
はこの事実を毎日新聞に記事として書こうとしたが、
原子力保安院が毎日新聞に「この記事は事実ではな
い」として、掲載しないように圧力をかけてきた。
全世界の地震の10%が日本に集中している。こん
なところでは原発はもともと不可能である。

孫正義氏(ソフトバンク社長)も
参考人として太陽発電について語っています。

特にこの委員会では、原子炉設計者の後藤氏の
「原子炉が実は未熟なテクノロジーの上に
築かれており、事故が日常茶飯事に発生している」
という指摘と地震学の石橋氏の
「原子炉は、断層の存在と地震の
発生可能性を無視するという耐震性偽装を繰り返し
て建設されている」とする指摘がありました。

政治家も原発については素人なようで
ようやく「聞く耳を持てた」と言った
感じです。

いずれにせよ
不安をつのらせない、恐がらない、
平常心で浄化を進めて新しい創造を
育んでください。

自分自身の自己責任で、
それが次に移行する条件です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お知らせ

先延ばしをしていた入院のため
近いうちに入院を予定しています。

今回は支障ある足の痛みをとるためで
心配するような入院ではありませんが
約一カ月程度です。

決まりましたらご報告しますので
入院中のブログはお休みします。

何度もご迷惑とご心配をお掛けして
誠に申し訳ありませんが、
日常生活へ復帰のための治療ですので
お許しください。
posted by 光ロード at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | アセンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。