2011年10月30日

創造未来

最新記事

個々の決意

9月には光より速く飛んだニュートリノ実験
の報告もありましが、
素粒子は「量子」の概念でとらえられ、
現実社会での量子である
「フォトン・コンピューター」(光)
の研究は盛んに行われています。
完成すると人の脳を機能面で凌驚する可能性もあり、
テラヘルツ(GHzの1000倍)
1秒間に1兆回の演算処理が実現するとしています。

CNN記事から抜粋
スイスにある欧州合同原子核研究機関(CERN)は23日、
素粒子ニュートリノが光より速く飛んだとする
「Opera実験」の結果を発表した。
これが事実なら、光より速いものはないとする
アインシュタインの相対性理論を覆す発見で、
現代物理学の根底を揺るがす可能性がある。

DNAのテレポーテーションは既に記事にしていますが、
その記事の一部紹介しきれなかった現象があります。
量子である「もつれ現象」は、
量子の光が突然消え、再び別の場所に現れる現象です。
量子の光でDNAも消えた瞬間別次元を通過して
3次元に戻ると考えられています。
次元の違いは周波数で、
振動数が高いのが高次元とも言われています。

参考記事「光と意識」




2011年も残す月日は11月と12月になりますが、
他のサイトで予言などが記事になっていますので、
マヤ歴について紹介します。

マヤ歴を研究して来たゲオロギ・スタンコヴ博士は
(ブルガリア出身)

下記のように語っています。
※ちなみに博士は欧州のとんでも系学者と言うので
参考までの紹介記事ですよ。

「2012年12月21日以降地球は
アセンションに成功した地球Aと
アセンションに失敗した地球Bに分かれる。
アセンションに失敗した地球Bでは予測どおり
大災害がおき人類は絶滅する。
闇のエリートたちはこの地球Bにおり、
だから分裂したり慌てたりしているのだ。
中には裏切って光の側につく者もおり
ディスクロージャーに協力したりしている。」。

マヤ人の予言
 2012年までに、人類はテクノロジーを越える。
 2012年までに、人類は時間とお金を越える。
 2012年までに、人類は四次元世界を越え五次元世界に入る。
 2012年までに、太陽系は他の銀河系と同期する。
 2012年までに、人類のDNAは銀河の中心(Hunab Ku)の
 波動により再プログラムされ「グレードアップする」。


避難意識

東日本大震災のアンケートにより、
大津波で避難する津波の高さの
意識が変わっています。
「巨大な津波は高さが20mまで達した」
とかの報道の影響でしょうか。

津波の濁流は大小に関わらずエネルギーがあり、
数十センチでも人は立っていられません。
まして1m以上では流されます。
プールの水深と比較している方もいますが、
エネルギーがある水流・濁流は危険です。
大小に関係なく避難することです。

地球の変容は、これからが重要になります。
自然災害に原発の放射線や風評被害などで
不安になり現実に戻される方がいます。

不安があれば思考し解決策を見出します。
不安とは自己が試されているのです。
解決策がないのなら
あまり気にすることはなく、
平常心で過ごすことです。
物事は知識として処理し、
智慧を真理と意識します。

自分の善悪も自身で認めることです。
カルマがあっても浄化する意識が
あるのかないのかです。
判断するのは自分の意識です。


現実の不安に戻された方なら、
まだ間に合います。
冷静(霊性)に対処してください。

創造は自分の意識しだいですよ!


................................................................................

霊の教科書-優良・安心サイト認定証

posted by 光ロード at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | アセンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

変容プロセス

最新記事

脳とDNA

「システムの組織構造はあるポイントで役に立たなくなり、
新しい構造が現れる前に崩壊しなければならない。」

1977年 理論化学部門ノーベル賞受賞
イリヤ・プリゴジン氏 理論化学者


プリゴジンは、毛虫から蝶に変容する原理で
典型的な例を挙げています。
実際にはマユの中で毛虫が蝶になるのではなく、
無秩序な分子の網に変わり、
この無秩序状態から蝶の構造が自発的に現れると
説明しています。

ブリゴジンは「時間の対称性破れ」の研究に
生涯を捧げた学者です。
「対称性の自然的破れ現象」も過去記事にあるので
参考にしてください。

参考記事「地球と人類の進化」



今年も年末に近づきました。
現在地球は様々な現象を起こしています。
地震・津波・火山噴火などの自然災害は
感じたら直感に従い、必要なら移動して
下さい。

経済・金融も先行きは破綻する可能性も
ありますが、
「新しい構造が現れる前の崩壊」と言うより
「古いシステムの浄化」で
新しいシステムの導入が検討されています。

一方、人間の変容について

人間は遺伝子レベルの螺旋がDNA173cmで
活性化している情報は、そのうちの3cmです。
残りのDNA分子が
宇宙からのフォトン(光子)で活性化
(フォトン共鳴利用可能)となれば
潜在的能力が可能とるでしょう。

人間の脳機能では、神経科学者たちが前頂葉の
見当識連合野=OAA(orientaion association area)
と呼んで、空間による方向定位を提供している
機能としています。
この機能により、神経活動であたりまえの日常行動が出来ます。

この領域は複雑なので省略しますが、
損傷以外で、このOAAが深い瞑想や祈りの
最中に遮断されると自己の感覚の境界を超え、
大きく拡大した意識状態が一時的に生じますが、
OAAへの神経的インプットの抑制で
脳機能の一時的変性の体験にすぎません。
※ 悟りと類似する感覚

フォトン(光子)エネルギーが、
DNAの変容を促すには、
神実現が関わっています。
前述したように前頂葉の活動停止だけでは十分ではなく、
前頭葉が個人的意識と関連するため、
前頭葉が活性化していないと
本質的に起こり得ないのです。
これは宇宙的法則です。

前頭葉に欠かせない神経伝達物質ドーパミンは、
生きている魅惑感覚と至福感に必要で、
脱力感や退屈な意識では前頭葉が活性化しません。

神現実の意識を持つと言うことは
変容プロセスには欠かせないのです。

地球規模で変容している時期ですが
それぞれがいろいろな状況にあります。
心配しないで自然にあるがままです。
大切なことは正しい心の持ち方と意識です。

そろそろブログのミッションに従い
私も移行する時期となります。



................................................................................

霊の教科書-優良・安心サイト認定証

posted by 光ロード at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アセンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。