2008年07月19日

自浄作用

お手数ですが、ブログランキングにご協力をお願いします。
banner_04.gif
人気ブログランキングへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最新記事

肉体の働き

女性ならスキンケアは毎日の日課でしょう。
スキンケアの化粧水は、お肌の潤いには欠かせません。

以前の化粧水は、アルコールを含み
肌に良いとされる成分が配合されていました。
数年前より、ノンアルコールで弱酸性と謳う
化粧水が登場しました。

女性なら、詳しい方もいると思いますが、
なぜ、ノンアルコールで弱酸性になったのでしょう。

洗顔後の肌にアルコールは爽快感があります。
気持ちが良いものですが、アルコールの爽快感は
一緒に水分も蒸発します。
潤いを与えながら水分を失うと言う逆効果です。

配合成分があまりにも良質だと
人間の肌は外部から補うものと判断し、
自らの働きを抑制します。

今までの化粧水とは、
肌の潤いを逃がし、肌を怠けさせると言った
要素を多分に残していたようです。

最近の化粧水のコンセプトは
弱酸性で多少のツッパリ感は肌を怠けさせず、
肌の潤いの自浄作用が戻るまでの2時間の間、
肌に潤いをキープさせて置くことに改めています。
化粧水の使用は、洗顔後2〜3分以内です。
時間が経つと化粧水本来の役割を失う恐れがあるのです。

人間は、自浄作用があり、
外部から影響されると本来の働きを抑制する場合がありますが
肉体の損傷があればそれを補う働きを持っているのです。
損傷が深いと時間は要しますが、
代わりの器官が、足りない分の役割を果たすのです。

風邪を引いた時には、
熱を出してウイルスを殺菌します。
風邪薬は、外部の影響ですから、
症状を楽にするだけで風邪を治さないことは
よく知られています。

ここから、本題です。
人の自浄作用から、肉体的、精神的にも
浄化作用が働き出したようです。

環境汚染や間違った文明の発展から
地球なる生命体の細胞のような人類の意識は
浄化に伴い、地球自体に影響を与え
負のエネルギーで存在する支配側を窮地に追い込むべき
正のエネルギーが増えているのです。

浄化には、多少の苦痛もありますが、
それに執着しないよう平常心で
普通の生活を営みましょう。













posted by 光ロード at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。