2008年05月29日

プラウト理論


最新記事

霊性と社会

ベルリンの壁が壊され、ソ連は崩壊して
共産主義は一部の国のみとなっています。

最近では資本主義の将来も不安材料だらけで
やがて没落する運命が待ってる可能性は否定できない状況です。

では、次に来るイデオロギーは何でしょうか。

日月神示では

「自由も共産も共倒れ、岩戸が明けたのだから、
 元の元の元のキの道でなくては
 タマの道でなくては立ちては行かん」

(「星座の巻」第十一帖)

と示されています。

インドの哲学者P.R.サーカー師によって、
1959年に提唱された理論が「プラウト」と言う社会経済理論です。

「進歩的」(Progressive)
「活用」(Theory)
「理論」(Prout)
頭文字から「Prout」になります。

「本当の進歩とは相対性を超越した霊性の分類において
 可能である」とサーカー師は主張しています。

プラウトの根底にあるのは
「道徳精神に基づいた霊性の本質」です。

この社会制度は、道徳とスピリチュアルに基づき、
人々がより創造的な活動に携われるように
全ての人に衣食住、教育、医療を保障し
腐敗することのない道徳実践家による人間社会の実現です。

この理論は、20世紀なら理想論でしたが、
21世紀には、スピリチュアル的な人々が増えて
時間がかかっても実現可能だと言える社会に移行しているのです。




posted by 光ロード at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
光ロードさん
こんにちは!
ks02です。

 僕もラビ・バトラの著書からプラウトについて書きたいなぁと思っていたんです。(笑い)



Posted by ks02 at 2008年05月29日 22:28
Ks02さん

この理論を実践しなければならない
状況に来ています。

Ks02さんのブログでも記事にすることを
希望してますよ。

Posted by 光ロード at 2008年05月30日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。