2010年08月28日

逸話

最新記事

逸話からの真実

仏教の逸話には、沢山の気づきがあります。

仏陀(ブッダ)が旅の途中である村に着いた時、
ある幼子を亡くした母親が毎日泣き続け、
村人達が困り果てていました。
「なんとか母親を救ってもらえないか。」と
村人は仏陀に頼みました。
仏陀は言います。
「村人の誰一人として
家族の中に亡くなった者がいないのなら
幼子を生き返らせましょう。」
母親は、村中の家を周り
家族に亡くなった方がいないか訊ねますが、
どこの家でも
「母親が亡くなっています。」
「息子を亡くしています。」と
村中どこの家でも家族を亡くしていました。
母親はようやく「死を受け止め」悟ったと言う話です。

この逸話は有名なのでご存じの方も多いと思います。
人は孤独になることがあります。
誰にも理解されない。
苦しみや痛みがわかってもらえない・・・。

アセンションについても
「次元上昇なんかない」と言う方もいますが、
20世紀の常識的一般論では当然の考えでしょう。
アセンションは理解させるものではありません。

三次元の現実は物質文明で唯物論の社会です。
それに対する観念論・唯心論から
形而上学もあります。

大きく分ければ否定・肯定となります。

何度も繰り返しますが、信用の信は
「人が言う」と書きます。
ひとが言う信は、百人いれば百通りの
「人が言った」ことがあります。
勿論その中には本当のこともあります。

「真実」はひとつです。
人を信用するのではなく、
自分の直感で真実を受け止めるのが
今の自分を救えるただひとつの道です。

他の逸話にも
それぞれの自分への気づきがあり、
真実へ導きます。
必ず共感する人々がいます。
※ 逸話
  ある人についての、世人にあまり知られていない、
  興味ある話。エピソード。

周波数と波動は上がっています。
それと伴に時間は更に加速しています。

今はまだ感じるだけですが、

真実はあなたの意識次第です。

「勇気を出して」さだまさし


時折自分だけ不幸に思えてきたり
独りきりで生きている気がしたりよくあることだね
僕はそんな時思い出す言葉がある
ずっと昔僕を愛してくれた人の膝の上で聴いた言葉
鳥は高く空を飛べるけれど
決して海の深さを知らぬように
何処かで必ずあなたを愛している
人がいるからさあ
勇気を出して捜してごらん
勇気を出してみつめてごらん
倖せはこころの中に住んでいるから


僕に出来ることはほんの少しだけれど
ほんの少しでも出来ることがある君のために
君が寂しい時はそばにいてあげよう
どんな時にも君を信じていようそして君を守ろう
山は高さを競わないけれど
それぞれに頂きがあるように
僕はいつでも君の頂きに拡がる
青空でいようさあ
勇気を出して歩いてごらん
勇気を出してみつめてごらん
倖せはここにあるから

勇気を出して捜してごらん
勇気を出してみつめてごらん
勇気を出して歩いてごらん
勇気を出してみつめてごらん
この道を信じようこの愛を


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキング









2008年12月02日

気に秘められたもの

最新記事

「氣」について

合気道の「気」とは、相手の気に合わせることではなく
天と地の自然にある気を引き寄せることが極意と言います。

昔から、「気を引き締める」「気兼ねなく」「気休め」「元気」
「病は気から」「気になる」など気に関する言葉は沢山あります。

気は本来、「氣」と書きますが、米は八方に広がっています。
その意味から気は出すものでしたが、「米」から「メ」になると
気を内側に閉じ込めることになります。
中国では古くから、気が一方に出れば他方が少なくなり
出口を締めた方が良いとの考え方があるのです。

中国の気功で治療する場合は、術者が気のパワーを使いすぎると
治療を一時的に止めることがあります。
気を入れ直す必要があると漢字の語源から考えられています。

日本の合気道の氣では、天地から引き寄せるため常に氣を合わせる
ことが出来ると考えます。
相手の氣に合わせるのでなく、
天地、万有の氣を引き寄せることなのです。

アセンションに関して、
「気づき」の必要性をメッセージに託して来ました。
「気づき」を「氣づき」の本来の漢字の意味に
気持ちを改めて、万有の「氣」を引き寄せることが
これからの難局を乗り切るパワーになります。

先月は更新が出来ず、記事を期待していた方に
ご迷惑をお掛けしましたこと誠に申し訳ありませんでした。

私事で恐縮ですが、8月29日に突然父親が急逝しました。
父親は92歳の高齢でしたので大往生でした。
寺の長男として生まれましたが、
戦争中の諸事情から、
祖父の死後寺を自分の弟に任せていました。
現在は従兄弟の代になり、父の葬儀は先々代住職として
執り行うことが決まっていました。

ここで、母のことを序でに書きますと、
母も既に故人ですが、母方はカトリック(イギリス系聖公会)
を信仰する家系で、生まれた時に洗礼を受けて育っています。
私は、以前ブログに記事にしましたが、神社の幼稚園に通い
小学生の時は、ボーイスカートで教会に行っていました。
小さい時からの環境で、宗教に偏見や拘りはありません。
私の記事にもあるように「宗教」とは宇宙を示すと
書くとおりです。

ようやく、私も一段落はしたものの、
まだ、多用な日々を送っています。
※「多用」です。「多忙」と書きません。

「多忙」多くを亡くすと書きますね。(笑)
今回の記事「気」→「氣」なので
日本語の漢字や言葉の意味を考えてみました。
相手に対する波動や持っているパワー
正と負のエネルギー・・・
日本語とは?
氣づきが必ずある筈ですね。

少し横道に逸れましたが、
家のことと仕事が落ち着くまで
もう暫く更新が遅れることもありますが、
このブログは、まだ続きます。

皆様の応援の程、何卒よろしくお願い致します。


お手数ですが、ブログランキングにご協力をお願いします。
banner_04.gif
人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









500円からキャッシュバック!
「秘密屋ポイントサービス」


posted by 光ロード at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

物の見方と考え方

最新記事

真の浄化

「外側の汚染は内側の汚染でもある。」
(ドン・アレハンドル)

戦後教育は、自由をはき違えた考え方を植えつけて
しまいました。
「自由」とは、自己の責任が前提にあり、
何でも観でも自由と言うのでは
それは自由とは言わず「無秩序」です。

独立個人でも、個人を尊重するけれど全体を乱さず
調和を保つことにあります。
今後の世界に生き残るには、必須条件です。

最近の偽装事件も、業者や個人の犯罪ですが、
社会全体にも、その罪の要因があればこそ犯罪が
行ったと言っても間違いないことでしょう。
偉そうなことを言うつもりはありません。
私も社会生活を送る限り例外ではないのです。

この罪は、鏡であり、
自己で気づきを与えて頂いたと思えば、
改めることが出来ます。

未だ偽装事件他、同じような事件が
後を絶たなく露見されています。
自分の鏡だと気づかない人がいるのでしょう。

これから、チェンジする地球は

「反対の世界と合流する時、
平面でやろうとすれば濁るばかりぢゃ、
合流するには、立体でやねばならん、
立体となれば反対が反対でなくなるぞ、
立体から復立体に、復々立体に、
立立体にと申してあろう。
切る漸次輪を大きく、広く、
深く進めて行かねばならんぞ、
それが岩戸ひらきぢゃ」

(日月神示 碧玉之巻・第1帖より)

良いも悪いも見方を変えて
よくよく考えれば、全てが一つにあると
気づくのではないでしょうか。







posted by 光ロード at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

煽られる恐怖心理

お手数ですが、ブログランキングにご協力をお願いします。
banner_04.gif
人気ブログランキングへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最新記事

恐怖心理のプロパガンダ

人の恐怖=お金になる
恐怖心は人の弱さにつけ込み隙を与えるには
都合よい条件のひとつでしょう。
人間支配の強化やビジネスに以前より利用されて来ました。

最近では、CO2など地球環境問題も
自然災害も人類には恐怖を与えています。

人間には防御しようとする本能や
怖さから逃げたい心理が作用します。
そのことは、経験からもわかるとおりでしょう。

巧みに作られた利用価値が高いものを
人々が信じこまされて、
対価を払わされていることがあります。

この心理を巧みに利用して民衆を煽り
解決策として何かを提供すれば、
人はそれに乗りやすく、恐怖を逃れるためには
お金を支払うものです。

その問題の解決には何が必要なのか
お金を払う前に、日頃の行いに注意していれば
恐怖を煽られ余計な出費は避けられこともあります。

隠された一部の利益のため、恐怖を感じる必要性など
何もないことを意識の片隅に置き、
自らの恐怖心を煽らないことも大切です。

これから、もっと恐怖を煽る出来事が起こり、
マス・メディアからも情報が錯綜する事態は避けられません。

いつもと同じく
「自分は大丈夫」の意識を持って対処しましょう。






posted by 光ロード at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

真の平和とは


お手数ですが、ブログランキングにご協力をお願いします。
banner_04.gif
人気ブログランキングへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最新記事

神国日本

自分の子供が、他の子供と何か違うことをすると
「他の子供と同じようにしなさい」と注意される経験は
誰でもあると思います。

親に限らず、学校でも会社でも少なからず
他と同様にすることを強要されることは
よくある事です。

日本は明治時代より、海外と同じような文明を求め
「文明開化」の名の下に突き進みました。

日本古来の大切なものを切り捨て
日本語の発音、意味も「言霊」と言われる由縁
様々な継承を忘れ現代まで続いています。


世界平和は、人類全ての人の願いです。
神の国と言っても、宗教でもなく
まして日本人が神だと誇れる人間でないことは
あなたも私も百も承知です。
平和を心で願っても、
現実にもどれば現実の生活に追われ
平和の願いなど、どこ吹く風の如く忘れてしまいます。

「日本は世界の雛形」と言ったところで
日本人の殆どが世界に言える立場でありません。

海外に食料を求め、エネルギーを求め
言葉と文化に憧れ、
どこが「雛形」でしょう。

「雛形」と世界に向け発信するなら
私もあなたも全ての日本人が「雛形」となる
人間にならなければなりません。

そんな「雛形」にならなくて良いと思う方もいると
思います。

「神の国に生まれて神様の道が嫌なら外国にいけ」
(第119代 光格天皇御製)

日本に誕生した意味は、肉体(自我)で思うより
意味深いと思います。

「この神は神の国の救われること一番願ってゐのざぞ。
 外国人も神の子ではあるが性来が違うのざぞ、
 神の国の臣民がマコトの神の子ざぞ、
 今は曇りてゐるなれど、
 元の尊い種植え付けてあるのざぞ、
 曇り取り去りてくれよ、依怙のようなれど
 外国は後回しぞ、同じ神の子でありながら
 神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者あれど
 それは昔からの深い経綸(しぐみ)であるから
 臣民には判らんことであるぞ、(中略)
 何事も神の国から、神の臣からぞ、洗濯も同様ぞ」

 (「日の出の巻」第二十帖、日月神示より)

日本人が驕ってはいけませんが、
NASAにどうして日本人が入っているのか
また、日本人のDNAとは?
その答えは、あなたは知っているのですから。

posted by 光ロード at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

超古代農法の万国普及


最新記事

日本から万国へ

上古第四代 天日瑞穂造美日尊
(あまひみずほつくりみのひのみこと)
この名のとおり万国へ農業を広めています。

北アメリカ・バージニア地方にインディアンの居留地があり
マッタポニと言う地名が残っています。

マッタポニ(Mattaponi)の地名の頭に「ウ・U」を
つけると「ウマッタポニ」となります。
漢字にすると「埋まった穂」となります。

この地方には「穂」があり、
稲は人間より大きくないことから
「穂」とは「トウモロコシの穂」だとわかります。
実際にこの地方はトウモロコシ畑が広がっています。

南米アンデス山中のティアワナコ遺跡(プレインカの都市遺跡)
では、1988年ボリビア・ペルー・アメリカの共同調査により
3000年以上前の農法復元によって
従来の5,6倍最高で10倍の収穫を得ています。

ティアワナコ遺跡は標高4000bの高地で空気は薄く
昼夜の温度差は激しく農業には適さない土地です。

参加した米国ペンシルバニア大学のクラーク・エリクソン博士は
「この方法は単純だが、旱魃(かんばつ)や洪水にも耐え、
 高地特有の寒冷害にも非常に有効なものであった」
と報告しています。

超古代の農法は、
かなり高度なテクノロジーであったことを示しています。

超古代、万国へその地方に適した農法と穀類を
伝えていたことが窺えます。


古代の文化は農法以外にも発掘調査の結果から
私たちがイメージする文化とは明らかに違うことを
遺物は語っています。





posted by 光ロード at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

超古代の農法


最新記事

EM農法

EM農法とは、琉球大学農学部の比嘉照夫教授が
開発した新農法です。

EM(Effective Microorganisms)の略で、
自然の土壌を調べ、その土壌の微生物から有効に
働く数種類を選んで利用する農法です。

この農法であれば、農薬を使用せず
「安全で、おいしく、見た目も美しい農産物」
も夢でなく、収穫量も増えるといわれています。

超古代 上古第十二代「宇麻志阿志訶備比古遅天皇」
      (うましあしかびひこぢすめらみこと)
この天皇の名、「ウマシアシカビヒコジ」と読みますが、

「ウマシ」は「美味し」
「アシ」は「味」
「カビ」は「微」(微生物)
「ヒコジ」は「麹菌」

「美味しい味を作り出す微(微生物)」
と天皇の名前から解釈が出来ます。

「発酵食品」が上古の時代には、存在していました。

比嘉教授は
「五千年前からEM農法と同じようなものがあったのでは」と
よく質問されていたそうですが、
これによって納得したそうです。

ティアワナコ遺跡からも、超古代に高度な農業技術が
あったことが分かっています。



posted by 光ロード at 11:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

超古代の生活文明

上古時代の食文化

「天豊穀食類姫尊 穀食物類十四蚕種根主神を十四穀と名付」
(あまとよたなつをしのひみみこと とよたねかいこたねぬしかみ)

上古一代に上記のように穀類は米の他
十四種類があり、天候収穫時期などにより
栽培されていました。
アメリカのような土地ではトウモロコシが適したのです。

不合(ふきあえず)第三代の記録では、

「なぜお前達はそのような獣の肉を食べるのだ
身体によくないことなのだ」

「この土地の冬は厳しく、獣の肉を食べないと
身体が温まりません」

「そうか、なら肉の代わりに榧(かや)・栃・椎
などの木の実を米に混ぜて食すが良い。
肉を食したときと同じ効果がある」
とあります。

人々は木の実の栽培が盛んになりました。
ウサギなど小動物は公然の秘密として食べていたようですが
女性や子供は絶対的タブーとして
青森地方では明治時代まで伝えらています。
獣の肉の味が忘れられない人々は、
家で調理せず屋外で食べていたようです。

古代の土器は、食器の機能として
現在の食器に勝るテクノロジーを要しています。

これは科学的に測定した結果です。
自然からの恵みを食することは
宇宙からのエネルギーを得ることにあり、
食器までにも、自然の恵みの栄養素を損ねないように
工夫されていたのです。

古代をイメージすると今より劣る文化や食べ物を
食べていると思いがちですが、
栄養バランス・カロリーなど
古代人の糞化石の分析結果では
現代人より勝っています。

現在、野菜の栄養は低下して、
食器も栄養を損なうばかりか
害になる加工された料理器具が
あるのはご承知のとおりです。

超古代の食生活は
宇宙エネルギーを含んだ食品に
それ以上の宇宙エネルギーを
土器を通して人工的に含ませる方法

考えていた食文化だったのです。
posted by 光ロード at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

超古代の世界統治

天空浮船(あめのうきふね)万国巡航

上古第二代、造化気万男身光天皇
(つくりのしいよろずおみひかりすめらみこと)
の治世時代に、天皇はご自分の弟妹十六人を
世界十六方位に、各地の王として派遣しています。

この時の皇子・皇女の名が超古代の国名で、それは現在も読み解くことが出来るのです。

1 磐支那弟清民王(いわきのえだなおとしんみつとそん)
 (中国)

2 インダウ天竺万山黒人民王
 (てんじくまんさんくろひとみつとそん)
 (インド) 

3 インドチュウラニヤ黒人民尊(くろひとみつとそん)
 (インド)

4 ヨイロバアダムイブヒ赤人女祖氏(あかひとめそたい)
 (ヨーロッパ)

5 ヲストラリアニ日ニンユイタム赤人民祖代(あかひとめそたい)
 (オーストラリア)

6 オストリオセアランド赤人民王(あかひとみつとそん)
 (オセアニア)

7 アジアシャムバンコククムス白人祖民王(しろひとそみつとそん)
 (タイ)

8 アシアアンナムノハノイ青人民王(あおひとみつとそん)
 (ベトナム)

9 アフリカエジプト赤人民王(あかひとみつとそん)
 (エジプト)

10 ヨハネスブルグ青人民王(あおひとみつとそん)
 (南アフリカ)

11 ヒナタエビロスイソム赤人民王(南アメリカ)

12 ヒナタエビロスヒアルヘナ黄祖民王(きびとそみつとそん)
 (南アメリカ)

13 ヒウケエビロスヒロコネ黄人民王(北アメリカ)

14 ヒウケエビロスボストン赤人民王(北アメリカ・ボストン)

15 ヒウケエビロスカスケムコ赤人民王(北アメリカ・カスケード)

16 アフリアビシアムス赤人民王(アフリカ)

お気づきと思いますが、今の国名や地名の他に
4の「ヨイロバアダムイブヒ赤人女祖氏」の民王こそが
「旧約聖書」で人類の祖と謳われた「アダムとイブ」なのです。



posted by 光ロード at 10:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

宇宙創成から超古代

「竹内文書」から見る古代

「竹内文書」では、
天神(てんじん)・上古(じょうこ)
不合(ふきあえず)・神倭(かむやまと)
の四つの時代に大別されています。

天神時代は宇宙創成から天皇が地球に降臨するまで
上古は人類の五色人の発生と天皇の世界統治のあらましで
この時代が超古代黄金期でした。
世界各地の伝説は、この時代の記憶と考えられています。

不合朝時代は、試練の時代で天変地異が頻繁に起こり
高度な文明が失われたと言います。

その後、不合第七十三代の皇位に就き、
新王朝・神倭朝を樹立したのが神武天皇であり、
現在の天皇に至ります。

私たちが知る古代の歴史以前に超古代の文明があり
かなり高度なテクノロジーがあったと考えれています。


posted by 光ロード at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

ツピー・インディアン

ブラジル開拓移民前の日本人

ツピー・インディアンの言語を研究した
ポルトガル人の研究書があります。

日本人のブラジル開拓移民が
「奥地に行けば行くほど自分達より古い
 日本人がいた」と記されています。

彼らは「ワラジ」(草鞋)を履き、「ミノ」(蓑)を着て
大きな果実を「カキ」(柿}と言い、
歪なものを「いびつ」と言っていました。
更に疑問文の最後疑問詩は「〜か」と付け話をするのです。

彼らは日本人ではなく、ツピー・インディアンでした。

日本の幣立神宮に
「赤・青・黄・白・黒」の五色面があります。
米国のインディアン・ポーハタン族(棒と旗)は
家の前に部族の象徴として、
棒に三十二枚の羽飾りを飾り、
棒は真っ赤に塗られていました。

「竹内文書」には、
インディアンの祖先、
赤人「ヒウケエビロストン赤人民王(あかひとみつとそん)」
とあります。
彼らはまさに「赤人」の末裔でした。

昨日の記事、レイク・アナ(アナ湖)近くに
「ルイーズ」(龍頭)と言う山があります。
Lewisと米語で書いてルイーズと読みますが、
ローマ字読みで「リュウズ」と読みます。

この山にある「リュウレイ」(龍霊)と言う洞窟は
龍頭山の御神体とした「龍霊」をこの地に祭っていたのです。

アメリカ大陸をはじめ世界中に
日本との係わりが数多く見つかっているのです。



posted by 光ロード at 00:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

日本語とインディアン

アメリカの先住民

朝鮮 「朝の国」
日本 「日出づる国」
米国 「夜の国」

なぜ上記のように言われているのかはわかりませんが、
朝鮮と日本の漢字から、朝、日(陽)とわかりますが、
米国がなぜ「夜の国」なのか不明です。
影で陰謀を企む闇の国だからでしょうか?

敢て言えば米国の国旗が
星条旗で星から連想する夜位でしょう。

亡くなられた宇宙考古学の研究者
高坂和導氏(こうさか・わどう)は
生前米国のインディアンのルーツを調べ
日本語とインディアンの言葉が類似することを
発見しています。

ミズーリ(水売り・ミズウリ)マイアミ(箕網・ミアミ)
イリノイ(入りの江・イリノエ)
バージニア州のナンサチコ(南西地区・ナンセイチク)

カンザスは(簪・カンザシ)で
この地方の部族が髪を左右に結びオサゲ族や
オカッパ頭のカッパ族がいます。

バージニア州にある湖はレイク・アナと呼ばれる人造湖ですが、
ここは穴があいていたことから由来された名称です。

まだまだ、数を上げると沢山ありますが、
多少の文字の違いは元の言葉を音で写した当て字となり、
日本語でも外来語を日本語にすると、
アクセントや発音に違いがあり、
文字にするとニュアンスが異ることがあります。

米国インディアン以外
ブラジルの先住民ツピー・インディアンがいます。





posted by 光ロード at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

日本文化と基礎体温

身を守るのは日本食から

昔の子供は、体温が高めでした。
最近は、様々な理由から体温が低いようです。

また、体温が低いことを自慢するような話方を
する人も時折いるようです。

女性は冷え性の方が多いのですが、
服装や女性の体質などからの理由もあるでしょう。

体温にも肉体的に外部と内部体温があります。
科学的にも言えることですが、
外部が低ければ、内部は更に低いことになります。

外部が36℃なら内部は更に低い分けです。

病気の原因になるウイルスは熱には弱く
インフルエンザ・ガンなど
基礎体温が低いと増殖する可能性が高くなります。

霊的にも、
内部体温は高めに維持する方が良いでしょう。
霊微素粒子の共振作用からも言えることです。
※ 霊微素粒子:素粒子より更に極小で顕微鏡でも
        見えない素粒子
        霊的エネルギーの源
        電子レンジのエネルギーの源か?

この予防として昔から食事で補い
身体を温めるものを食べて来ました。

日本の薬味は、生の野菜、魚につく病原菌を
殺す役割がありますが、ショウガや七味唐辛子は
身体を温める作用もあります。

日本食は日本風土に適した食物です。
韓国のキムチは、日本でもブームですが
最近は、鍋料理ほかキムチ料理が盛んです。
インドのカレーも日本には欠かせない料理に
なっています。

ここで他国の料理を食べるなとは言いません。
私も食べていました。

日本人の体質・季候・風土から言えば
日本食の意味するところは大きいのです。

家庭では漬物がキムチになる傾向も拭えませんが、
昔の家庭は、必ずぬか漬けがあり
季節の野菜を食べていました。

外国の食事も同様に、
その国に適した食事文化です。

カレーやキムチで身体を温めるのは
その季候にあった条件に適します。

キムチよりショウガで身体を暖める方が
日本では適している場合もあるのです。


日本の継承される食文化を
もう一度、見直して
特に子供を持つ親は
尚更気をつけなければならないのです。

体温は、常に最低でも36℃以上に保つことでしょう。

そして、食生活も
何でも、ほどほどにです。

posted by 光ロード at 20:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

想念の現象

天国も地獄もない

20世紀に倦厭された宗教や超常現象は
21世紀に入り、急に「癒し」の時代として
スピリチュアル的に注目を浴びるようになりました。

時代に翻弄され、
右になれば右、左になれば左です。


宗教では「悪いことを行うと地獄に行く」と
教えて「善行を良し」と言っています。

果たしてほんとにそうなのでしょうか?

あの世の世界とは、
人の想念次第で、天国にも地獄にもなり得ます。

「悪いことさえしなければ地獄に行かない」とは
限らないのです。

人の生前の想念が自分の場所を選択するのです。
そこには、自分と感性が合う人の集まりが出来ます。

人に暴力を与えた人々の集まりでは
常にいさかいが絶えず、あちらこちらで罵りあい
暴力を毎日繰り返すのです。

人を権力で押さえ込み、お金儲けをしていた人は
重労働の世界で労働を余儀なくされ、
休むことを許されないで
やってもやっても無駄な労働を行うのです。
だからと言って、ここは地獄ではなく
自らが選択した場所です。
ただし、それがどう言うことか悟れば救いはある世界です。
他の者から観れば地獄なのかもしれません。

人は、生前に知らないうちに物事に対する
思い込みから「観念」が出来てしまいます。

それは私も同じです。

観念は、悪い想念が生じ、
そのまま、気がつかずに死ねば
生前のあなたの想念が懐く世界へ行くのです。

そして、天国も地獄も今はありません。

それでは、どこに行くのでしょうか?

答えは、あなたの想念に聞いてください。

そして・・・・???

そろそろ、癒しごっこは終わりです。

現実の世界があります。

「癒し」「宗教」「偽者霊能者」「偽者占い」
はたまた「アセンション」

これらに逃避していた人々がいたら
逃げ道ではありません。

何かを頼り「拠り所」としても
何も変わりません。

「社会や政治、自分の境遇が悪い」と嘆いても
「誰かが何とかするだろう」と思っても
変わらないのです。

あなたは、何かが出来るのです。

今、はじめなければ、
あなたのアセンションなんかはじまらないのです。







posted by 光ロード at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

天国

何層もの雲

滑走路を飛び立った飛行機は
高度を徐々に上げた。

どんよりとグレイの霧状の中を抜けると
微かに光が射す。

雲海は、雪景色のようであり、
光と影は様々な形状を創り上げている。

さらに高度は上がり、
光の世界に達すると、界下は白い大陸だった。

この上は、肉体を拒む領域であり、
ある意識に達するものしか許されない。

創造はいくつもの天国と地獄の領域にあり
幻と夢を育む。

更に上層は神の領域と続くだろう。


posted by 光ロード at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

私の経緯 NO2

光と影から生まれる真実

写真家・土門拳氏の写真集「古寺巡礼」が出版されています。

私は、学生時代に土門拳氏を先生として
講義を受けたことがありますが、
既に車イスで、写真を撮影するにも指示するだけでした。

学生である私はその風景に疑問を持ち、
何もせずに、シャッターだけ押す姿に、
「これで、ほんとに写真を撮った」と言えるのかと。

土門拳氏が亡くなられ、
土門氏の若い頃からの写真を集めた展覧会が催されました。
リアリズムを追求した写真は、
生前から写真を見ていたのに、私には衝撃的な写真となりました。
以前とまったく感じ方が違うからです。

土門氏は、般若心経の出会いから
仏像を撮影したのではないかと感じたのです。
私が学生の時には気づかなかった仏像の写真は
光と影を巧みに利用し、
仏像の持つ心を写真的に表現して
観るものへ語っています。

誰が準備しようが、シャッターを押そうが
土門氏の「光」と「影」のタイミングで撮れている
土門氏の写真だったのです。

土門氏は長年の撮影で現場から
リアリズムの現実を
「光」と「影」の両面を見て
自分なりの写真で悟りの境地に至り
仏像表現となったのかもしれません。

この写真の出会からも、
同じものであっても捉え方の違いがあり、
「光」があれば「影」もあり、
両方の中に真実は隠されているのです。





posted by 光ロード at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

私の経緯 NO1

宇宙の教え

昔から信仰されていた宗教は、
学校であり、病院であり、相談所等
生活に結びついた人々の拠りどころの
役割を担っていました。

宗教の宗は漢字で、
ウ冠の宇宙の宇に示すと書きます。

仏教やキリスト教など
宗教には宗派があります。

宗派は、その宗教を信仰する人の受ける
考え方から生まれたと言えますが、
信仰している方が存在していますので
以下の話は、私の経緯と私見です。

信仰している宗教に
反論や冒涜することではないので
はじめにお断わりしておきます。

日本は、宗教に対して
オウム事件や新興宗教など
問題があり、20世紀の科学が進んだことでも
一般的には倦厭されていました。

21世紀に入り「癒しの時代」となり、
スピリチュアル的に捉えている方も
多くなっています。

宗教は「宇宙を示す」と書くように
宇宙教があるとすると
仏教もキリスト教も
それぞれが宇宙教の宗派であり、
宗教の真の教えは、
「宇宙の教え」と言えると思います。

私の両親は、
父が禅宗の曹洞宗の寺の長男として生まれ
母は聖公会(イギリス系カソリック)を
信仰する父親の長女として、
生まれた時に洗礼を受けています。

私は、長野県の善光寺近くで誕生し
横浜の神社が経営する幼稚園に通い
小学校では、米国人の神父さんがいた
教会でボーイスカウトに入り、
中学校では伝道師さんの教会で
英語を習いに通っていました。

父も母も子供には何も言いませんでした。
父は、戦時中に文部省の軍属として
当時のビルマ(ミャンマー)に
日本語学校の校長として派遣されています。
父は寺の長男のため、
住職になるべき修行をしていたので
当時、文部省の方針で僧侶の息子や
教育者をビルマが仏教国のため
派遣していたのです。

戦後文部省に残り、
父の弟がお寺を引き継いでいます。
(現在は従兄弟の代です。)

父は文部省の宗務課に在籍したこともあり
私は、生まれた時から宗教にふれる機会が
多くあったのですが、
何が何だか理解不能でした。

法事で父方に行けばお経、
母方では賛美歌ですからね。

そして、宗教に何の偏見も
拘りもなく無宗教で育ちました。

成人になり、父の書斎にある本の中から
「般若心経」を見つけましたが
難しくて何も理解出来ませんでした。

本屋で見つけた「漫画・般若心経」を読み
ようやくわかりはじめたのです。
はじめは漫画で、次に少し難しい本の順です。
そして、それは私の宗教の考え方を
一新させました。

それから、身の回りに変化が起き始め
次から次へと私に気づきのメッセージが
いたるところから届くようになるのですが
その時はメッセージとは
受けとめていませんでした。

時代は、まだ1980年代です。
科学はグローバルに研究されず
物理、医学、心理学他
それぞれが独自に発展していました。

ある日、中華料理店で定食を待っていた時、
措いてある新聞の小さな囲み記事に
「アインシュタインの相対性理論で
 素粒子を加速器で更に極小にすると
 そこには、位置や時間までも
 あやふやな世界がある」
と書いてあったのです。

私は愕然としました。
それは、般若心経の「空」
そのものではないかと思ったのです。

仏教が科学的なことを説いていたのです。
それから、調べれば調べるほど
宗教は、宇宙そのものを説き、
人間の肉体を説き、
世界中の臨死体験からは、宗教が全て宇宙と
関係していると気づいたのです。

「気づいた」とは、
この時点では、まだ確信に至っていないのです。

つづく
(私用のため、30日以降に更新予定です。)







posted by 光ロード at 18:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

菜食のすすめ

ベジタリアンだった人間

「人間の感情を浄化できる菜食主義は、
 大勢の人によい影響を与えるであろう」

アルバート・アインシュタイン

奈良時代の聖武天皇は、
「殺生肉食禁止の詔」を発布して、
菜食でした。

中国では、老子、孔子、達磨大師をはじめ、
近代民主化の祖と言われる孫文も菜食でした。

インドは、ガンジーが菜食でしたが、
仏教の国で釈迦が誕生した国なので当然でしょう。

これが、西洋となると、
古くは、ピタゴラス、プラトン、
中世からは、レオナルド・ダ・ビンチ、
ニュートン、シェークスピア、
進化論のダーウィン、
ルソー、トルストイ、
アメリカのベンジャミン・フランクリン

数々の分野で偉業を成し遂げ、
天才と言われた多くの偉人達は菜食主義だったのです。

昨年11月4日の記事「食生活について」の補足として、
人間が食料とする家畜を育てるため、
肉1キロ当たり必要な水は、

トリ  8.200リットル
豚   16.400リットル
牛   50.000リットル
※ 小麦60リットル、インゲン豆200リットル

米国の大規模な屠殺場では、
1日38.00万リットルの水が必要で、
人口2万5千人分の水に匹敵します。

将来的に水不足が危惧されている中で、
水の必要性は、言うに及びませんが、
人間が肉を食べるために、
経済的、環境的、危険性他、
どれを取ってもリスクがあります。

家畜業を営む方を責めるのではありません。
日本は、明治以降に肉を摂取する文化が
西洋から伝えられました。
その時代の文明は、
日本の古いしきたりや習慣を
一新させ忘れさそうと仕組まれています。

冒頭の西洋の偉人達が、
菜食主義者となったのも
肉食に対する「何か」
知っていたのかもしれません。





posted by 光ロード at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

エンパワーメント

意識の焦点を合わせる

エンパワーメントとは、力をものにすることです。

太陽のフレアとコロナ質量放出を引き起こし、
地球では、先日の春の一番のように、
突風が吹き荒れました。

宇宙から、降り注ぐエネルギーは
地球に変化をもたらせて、
人々の意識変化に影響を与えています。

この変化により、気づきから意識が目覚め、
身体の素粒子を加速させています。

意識変容の兆しは、かなり以前からありましたが、
抵抗勢力の卑劣な行為によって、
人、様々な否定意識により、
既存の社会生活に委ねるように
意識コントロールされていました。

科学者や天文学者は、
宇宙全体で起こっている現象に
注目していましたが、
人々の騒ぎを恐れ公表されていない
事実もありました。

最近の急激な変化は、人々も
気づきはじめ、隠しようもない
状況にまで来ています。

人々の意識は、宇宙変化に
焦点を合わせる時期に入っています。

拡大する宇宙現実に
自分の存在が「なにもの」なのか、
宇宙的認識に基づき探求しなければならないのです。

私たちが、どこから来て
地球で何をするのか

恐れることなく、
自分の疑問に勇気を持って
問うことに焦点を合わせることは
精神的目覚めの一歩となります。

卑劣な抵抗勢力の意識に
真実が効果的に対処をしてくれでしょう。

それは、宇宙意識に繋がり、
エンパワーメントになるのです。







posted by 光ロード at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

The message from galaxy

前世の記憶から

私たちは精神世界を旅する人間でなく、
人間世界を旅する精神である。

スティーヴン・コーヴィー

貴方は嘗て、
青色だった、赤色だった、白色だった、黒色だった、
黄色だった。

貴方は、金持ちだった、貧乏だった。

貴方は、病人だった。

貴方は、王様だった。

貴方は、娼婦だった。

貴方は、賢かった。

貴方は、醜かった。

貴方は、地球の多くを旅して経験した。

貴方は、なぜ、悲観する。

貴方は、どうして、人を差別する。

貴方は、なぜ、富を得ようとする。

これだけ、多くの旅と経験をして
まだ、執着や、拘りを捨てられないのか。

貴方は、何もかも
手に入れている。

貴方は、全てを知っている。

貴方は、全てをクリアするのだ。

古いパラダイムは壊される中、
過去と貴方のリンクは、失われない。

巨大な変化が、はじまるために、
人々の意識ムードが、それ自身が武器となった時、
巨大な変化は、現実に訪れる。


現実の世界から、抜け出すのは大変です。
それでも、私たちは上記のメッセージのように
前世から、多くを学び経験しています。

そろそろ最後通告になります。

次元移行は、待ってはくれませんが、
準備は、貴方次第です。

posted by 光ロード at 17:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 気づき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。